関西地方のお出かけ

伊勢神宮初詣2023の混雑や駐車場は?屋台や参拝時間について徹底解説!

伊勢神宮は、「日本人の心のふるさと」といわれています

広いご神域すべてがパワースポットで、お伊勢参りは最強のご利益があるとされます

この記事の内容
  • 伊勢神宮初詣2023の混雑状況
  • 伊勢神宮のライブカメラについて
  • 屋台の出店について
  • 伊勢神宮初詣の参拝時間
  • 御祈祷の時間
  • 交通規制について
  • 伊勢神宮基本情報

伊勢神宮の参拝マナーも解説しています。

初詣を計画している方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

伊勢神宮初詣2023の混雑状況

伊勢神宮は、初詣期間が1年で最も混雑します。

過去、多い年には、三が日で60万人以上の参拝客が訪れました。

最近の参拝者数(三が日、外宮・内宮合計)

2020年/56万320人
2021年/17万525人
2022年/33万2,249人

参考:「伊勢市観光情報」公式サイト

過去3年は、コロナの影響で年により大きく変化しています

参拝者数は、コロナ以前の人数に徐々に回復していくと思われます。

混雑状況

伊勢神宮の初詣混雑のピークは以下のとおりです。

大晦日/23時頃~3時頃
三が日/11時頃~15時頃

元日のお昼頃の状況です。

身動きが取れないほどの混雑となっています。

4日をすぎると人出は落ち着いてきますが、中旬までは週末を中心に混雑します。

混雑を避けるには

混雑を避けるのにおすすめの時間帯は以下のとおりです。

1月1日/3時~8時頃
1月2・3日/6時~8時頃
1月1日~1月4日までの夜間(終日参拝できます)

元日は、夜間参拝のピークを過ぎた3時以降がねらい目です。

例年、仕事始めの4日頃内閣総理大臣の伊勢神宮参拝が慣例となっています

時間が重なると立ち入りが制限されたりするので、スムーズに参拝できなくなります。

頭に入れておきましょう。

冬至の前後(11月下旬~1月下旬)内宮宇治橋大鳥居の中央に日の出を見ることができます

日の出の時間帯、宇治橋周辺は混雑します。

伊勢神宮のライブカメラについて

少しでも楽にお参りができるよう、伊勢詣でのサイトが充実しています。

伊勢市の道路状況を知るには

らくらく伊勢もうで
ウェブカメラ「伊勢市の様子」をチェック

伊勢市内に14台のカメラを設置し、道路状況を配信しています。

リアルタイムで、混雑状況が一発でわかります。

神宮内の混雑状況を知るには

  1. ヤフーリアルタイム検索
  2. グーグルマップの混雑状況    をチェック

 ①ヤフーリアルタイム検索

検索窓に「伊勢神宮 混雑」などのワードを入れると、関連する最新のツイートを見ることができます。

グーグルマップの混雑状況

グーグルマップで検索をすると、場所に関する情報の下にライブの混雑状況が棒グラフで表示されます。

伊勢神宮初詣2023駐車場はある?

駐車場情報も、「らくらく伊勢もうで」に掲載されています。

駐車場の情報は

らくらく伊勢もうで駐車場案内をチェック

外宮エリアと内宮エリアごとに、駐車場の場所満空情報がすぐにわかります。

パーク&バスライド

混雑する時期は交通渋滞緩和のため、県営サンアリーナ」周辺に臨時駐車場を開設します。

伊勢神宮外宮、内宮周辺まで無料シャトルバスを運行します。

パーク&バスライド実施時は、「伊勢西IC」と「伊勢IC」の出口規制を行います。

(出口規制については後述します。)

渋滞を回避でき、ゆっくり参拝できるのでおすすめです。

(参考)2022年初詣パーク&バスライド概要

実施日時
1月1日~1月4日・9日/9:00~16:00

住所/「県営サンアリーナ」伊勢市朝熊町字鴨谷4383-4
駐車整理料/1,000円
台数/約5,000台
バス所要時間/内宮まで約15分

駐車場、パーク&バスライドに関するよくある質問はこちらから

2023年の運行日時については、「らくらく伊勢もうで」より最新情報をご確認ください。

伊勢神宮初詣2023屋台は出る

伊勢神宮の境内に屋台はありません

門前町「伊勢おはらい町」・「おかげ横丁」の店先や店内で、美味しいものをたっぷり味わいましょう。

いろいろなお店があって、本当に楽しいですよ。

メニューの一例

  • 赤福ぜんざい
  • 伊勢うどん
  • 松阪牛コロッケ
  • 豚捨メンチカツ
  • 松阪牛炙り寿司
  • あわび串
  • イカ焼き
  • 豆腐ソフトクリーム など

営業時間は以下のとおりです。

おかげ横丁営業時間

  • 通常時期/9:30から17:00頃
  • 大晦日~1月1日/21:00~2:00(一部店舗と屋台のみ)
  • 大晦日~1月10日頃/営業時間を変更しています。

(参考)2022年の初詣の営業時間については、こちらからご確認ください。

2023年については、最新情報をご確認ください。

伊勢うどんと赤福ぜんざいは、はずせません。

店舗情報等詳細は、各ホームページよりご確認ください。

伊勢神宮初詣2023の参拝時間

伊勢神宮年末年始の参拝時間は以下のとおりです。

2022年の参拝時間になります。

12月31日/ 5:00~終日
1月1日~4日/ 終日
1月5日/0:00~20:00
1月6日/5:00~20:00
1月7日/5:00~18:00

内宮・外宮・各別宮も同様の参拝時間です。

御神札・御守授与所も参拝時間に合わせて開設されます

授与品については、伊勢神宮公式サイトからご確認ください。

干支の縁起物・「五十鈴」は、10月1日よりいただけます。

来年のうさぎの五十鈴、かわいいですね。

五十鈴と並んで、伊勢神宮の干支物の名品「干支一刀彫」は準備中。

例年、12月1日からいただけます。

こちらは、寅の干支守の箱詰めの様子です。

2023年初詣の参拝時間は公式サイトで最新情報をご確認ください。

伊勢神宮初詣のご祈祷は朝何時から

伊勢神宮の御祈祷の申し込みは

通常時期/8:00~16:00(ご奉仕は8:30~)

です。

年末年始の御祈祷の時間は以下のとおりです。

2022年の御祈祷時間になります。

12月31日/ 8:00~終日
1月1日/ 0:00~17:00
1月2日/ 7:30分~17:00
1月3日/ 7:30~16:30
1月4日~7日/ 8:00~16:30
1月8日以降/ 8:30から15:30

御祈祷の事前申し込みはできません。

現在は感染防止のために、人数制限等通常とは異なった対応をしています。

詳細は、公式サイトからご確認ください。

伊勢神宮初詣2023の交通規制

年末年始は交通渋滞緩和のため、伊勢神宮周辺道路の交通規制伊勢自動車道のICの出口規制などが実施されます。

車で出かける方は、事前に確認しておきましょう。

以下は2022年初詣の情報となります。

神宮周辺の交通規制

  • 12月31日~1月5日
  • 1月8日~1月30日の土日祝

年末年始の参拝は、公共交通機関の利用が推奨されています。

伊勢自動車道ICの出口規制

伊勢IC」「伊勢西IC」の出口規制が行われます。

以下の期間、観光バス・二輪車を除き降りることができなくなります。

入口は全方向通行可能です。

伊勢西IC出口規制

12月31日22:00~1月1日15:30
1月2日~4日・9日/8:45~15:30
1月5日・8日・10日/9:00~15:00(パーク&バスライドの実施なし)

伊勢IC出口規制

1月1日~4日・9日

伊勢道下り(名古屋・大阪方面からの交通)

  • (南行き)8:45~18:30
  • (北行き)8:45~15:30

伊勢道上り(二見・鳥羽方面からの交通)

  • (南行き)8:45~18:30
  • (北行き)通行可

伊勢市街や鳥羽・志摩方面へは迂回する必要がありますのでご注意ください。

迂回マップ

参考:伊勢自動車道の規制情報

「らくらく伊勢もうで」に詳細が掲載されますので、最新情報をご確認ください。

伊勢神宮基本情報

伊勢神宮は、三重県伊勢市に鎮座しています

お伊勢さん」「大神宮さん」と呼ばれ、親しまれています。

  • 正式名称は「神宮です。
  • 皇大神宮(内宮)豊受大神宮(外宮)を始め、14所の別宮、43所の摂社、24所の末社、42所の所管社があり、これら125の宮社全てをふくめて「神宮」といいます
  • 全国8万社の中心となるお宮です。

伊勢は、多くの神々が勢ぞろいする一大パワースポットです。

社殿を新しく造営し、大御神にお遷りいただく「式年遷宮」が、内宮・外宮ともに20年ごとに行われています

次の式年遷宮は、2033年の予定です。

皇大神宮(内宮)とは

2,000年の歴史があります。

皇室の氏神であり、八百万の神々で最高位に位置している「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」をお祀りしています。

あらゆる願い事を聞いて下さる、所願成就の神さまとされています。

豊受⼤神宮(外宮)とは

1,500年の歴史があります。

内宮の天照大御神のお食事を司る豊受大御神(とようけのおおみかみ)」をお祀りしています。

衣食住、産業の守り神とされています。

伊勢神宮基本情報

住所内宮/三重県伊勢市宇治館町1
外宮/三重県伊勢市豊川町279
参拝時間1・2・3・4・9月/5:00~18:00
5・6・7・8月/5:00~19:00
10・11・12月/5:00~17:00
御祭神内宮/天照大御神(あまてらすおおみかみ)
外宮/豊受大御神(とようけのおおみかみ)
お問い合わせ伊勢神宮0596-24-1111 [代表]
(平日・午前9時~午後4時)
伊勢神宮公式㏋
らくらく伊勢もうで

/

伊勢神宮アクセス

伊勢神宮は、外宮を先に参拝してから、内宮を参拝するのがしきたりとされています。

両宮行かれない場合は内宮に行くようにしましょう。

アクセスマップ

参考:らくらく伊勢もうで「らくらく公共交通」

公共交通機関でのアクセスが以下のとおりです。

公共交通機関でのアクセス

外宮へのアクセス

  • JR・近鉄「伊勢市」駅より徒歩約5分
  • JR・近鉄「宇治山田」駅より徒歩約10分、路線バス約5分

内宮へのアクセス

  • 外宮から路線バスで約10分
  • 伊勢市」駅から路線バスで約20分
  • 近鉄「五十鈴川」駅より徒歩約30分、路線バスで約6分

伊勢神宮参拝のマナー

混雑しているときは難しいこともありますが、知っておきたいことをまとめました。

参拝のマナー

  • 外宮→内宮の順番に参拝しましょう。
  • 鳥居の前では一礼しましょう。
  • 御正宮へ向かう際は、外宮が左側通行、内宮は右側通行です。
  • 参拝は、「二拝二拍手一拝」です。
  • 正宮では、感謝の気持ちを天照大御神に伝えるようにしましょう
  • 個人的なお願い事は荒祭宮と多賀宮にするのが風習としてあるようです。(公式サイトによれば、正宮で個人的なことを祈ってはいけないということはないそうです。)
  • 神さまに失礼がないよう、常識的な服装でお参りしましょう。
  • 神宮内のご神木には触らないようにしましょう
  • ペットを連れての参拝はできません。

まとめ

伊勢神宮初詣2023の情報をお伝えしました。

  • 伊勢神宮は、12月31日~1月4日まで終日参拝することができます。
  • 大晦日の夜や、三が日は混雑覚悟でお参りしましょう。
  • 混雑を避けるには、早朝や夕方以降の参拝がおすすめです。
  • 公式サイト「らくらく伊勢もうで」には、道路状況や駐車場、交通規制など、参拝に必要な情報が集約されていますので、ぜひ利用しましょう。
  • 初詣期間中、伊勢神宮周辺の交通規制や、「伊勢西IC」「伊勢IC」の出口規制が実施されます。
  • 周辺の駐車場は混雑するので、「パーク&バスライド」の利用も検討してみましょう。

昔から、「一生に一度はお参りしたい」あこがれの伊勢神宮。

伊勢神宮におみくじがないのは、そんなありがたいお伊勢参りでは、

おみくじは、ひくまでもなく「大吉

だからなのだそうです。

さすが、伊勢の神さまのパワーは絶大です。

2023年初詣は、パワーをいただきに伊勢神宮を訪れてみてはいかがでしょうか。

感謝の心をもってお参りしましょう。