MENU

京王レールランドの混雑状況!所要時間や対象年齢について【体験談】画像多数

京王レールランドの混雑状況と実際に行った感想

少し前に京王レールランドに遊びに行ってきたので混雑状況や所要時間、対象年齢について解説します。

京王レールランドは、東京都多摩市にあり、目の前は多摩動物園です。

レールランドが混雑してたら、多摩動物公園に行ってもいいくらい至近距離にあります。

京王レールランドで遊んだ後に動物園に行く強行策もありですが、子供は疲れて帰りはグッスリ寝てしまいます。

今回は実際行ったときの混雑状況や所要時間について、対象年齢はどれくらいまでなのか紹介します。

目次

京王レールランドの混雑状況

結論

京王レールランドは平日であれば、ほぼほぼ空いています。

自由に遊び放題です^^

混雑するのは、土日祝やGW、夏休み、お盆、冬休み、春休みなど、子供が休みの時は混雑すると考えましょう。

特に大型連休のgwは1年を通して一番混雑するときです。

せっかくの連休なので子供と一緒にお出かけしたい気持ちは分かりますが、通所の土日以上に混雑します。

またgwは多摩動物公園も混むため、駐車場問題も多発。

gwを含む連休に行く人は、計画的に作戦を考えてから行きましょう。

京王レールランドの基本情報

所在地:東京都日野市程久保3-36-39

アクセス:京王線多摩動物園駅・多摩モノレール駅下車 目の前

開館時間:9:30~17:30分 最終入場17:00

休館日:水曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始

入館料:3歳以上1日300円

アイコン名を入力

なんといっても入館料がとっても安いので、多少混雑していても子供はたくさん遊べて楽しい施設です。

京王レールランドのアトラクションを紹介!雨の日でも大丈夫?

京王レールランドのアトラクションは殆ど室内なので、雨でも全然問題ありません。

雨の日でも室内でたっぷり遊べるので、日差しが厚い真夏日や、雨が続く日には多くの家族連れが訪れていますよ。

京王レールランドは、なんと言っても料金が安いし電車好きのお子様には最高の場所なので、親も何度も連れて行きたくなる場所です。

ベビーカーは館内には持ち込みできませんので入口で預ける形になりますので、抱っこひもは必須です。

そしてオムツを変える場所もとっても綺麗だったのでこちらも感動。

京王レールランドは子連れ向けに施設も整備されているので、赤ちゃん連れでもその点は心配無用です。

そして中には、なんと本物の電車がズラリと並んでいて、子供は電車を見るだけで大興奮でした(^^)

こちらの電車は、中にも入ることができるので、まだ電車に乗ったことがないお子様も大喜び間違いなしです。

うちの子供も興奮していました笑

雨の日でも人気のアトラクション①

電車の運転シミュレーション!がとにかく人気です。

子供より大人が積極的に挑戦していました。

確かにこれは面白いです。

私も実際やってみましたが、貴重な体験ができました。

電車のシミュレーションも本物と同じ作りなので、大人でも楽しめちゃうんですよね。

子供も運転士さんになれて、何度もリピート間違いなし。

このシミュレーションが大人気で、混んでいる日は結構並びます。

京王レールランドの入り口から興奮

京王レールランドの入場口は改札口になっていて、ここでも疑似体験ができちゃいます。

入場券は販売機を使って購入。

子供が小さいうちは車でお出かする方が多いので、切符や券売機で買うこともありません。

そのため、チケット券売機でも貴重な体験ができました。

電車と町のジオラマがお出迎えしてくれます!

アトラクションもありますよ!

ミニ電車は1週100円で乗ることができます!

ミニ電車は抱っこやおんぶでは乗ることができなので、1人でお座りして座ることが条件でしす。

大人の膝の上に乗せるのは危ないのでNGですが、抱っこひもだったら大丈夫のようです!

2階には休憩室がありますが、そこまで広くありませんので休日は混みそうです。

ここでお弁当を食べている人もいました!

京王レールランドには、レストランは入っていないので、自分で持参する形になります。

飲食物は持参OKでした。

軽食が売っている自販機はありましたが、本当にそれだけなので、お腹が空いた時のために軽食は持っていくといいですね!

またこちらのスペースも広くはなかったです。

また2階には無料で遊べるプレイルームがあります!

ここは小学1年生くらいの年齢の子であれば、楽しく遊べる場所です。

レールランドに来たのに、このプレイルームで一番長く遊んでいることも。

無料だしパパママは近くで座って見ていることができるので本当に楽です。

京王レールランドの対象年齢について

京王レールランドは何歳くらいまでのお子さんが楽しめるのでしょうか、私が初めて京王レールランドに子供を連れていったのは、

子供が、2歳4歳6歳でしたが、一番エンジョイしていたのは6歳の息子です。

2歳の次男も、喜んでいましたが、電車のシミュレーションなどアトラクションはまだまだ意味不明でできませんでした。

プラレールやジオラマには大興奮でしたけどね。

家族連れが多く、小学生の男の子もチラホラいたので電車が好きな小学生なら来ても楽しめるのは間違いないです!

それでも小学2年生くらまでかなと思ったりします。

施設の中はそこまで広くないのと、未就学児が一番多いので、やはり小学1年生くらいまでが楽しめる施設かなと思いました。

入館料も3歳以上1日300円で大人も300円と非常に安いので、子供が小さい時はリピートしまくりです!

夏は涼しいし、フラット立ち寄れて子供はエンジョイできますよ。

京王レールランドに駐車場はあるの?

京王レールランドには専用の駐車場が用意されていません。

専用の駐車場はありませんが、京王レールランドの目の前が、多摩動物園になっているので、付近にはタイムズなどの駐車場がたくさんありますので車で来て頂いても大丈夫ですよ!

近所の駐車場を紹介します。

京王レールランドの隣にある京王ハグハグ提携駐車場

一番近い駐車場がここになります!ハグハグ専用の駐車場で約90台の駐車場です。ハグハグ専用になるので、京王レールランドを利用しても特にパーキングのサービスを受けることはできません。

ハグハグ平日利用の場合2時間無料となります。

多摩動物園も近くにあるので、結構料金は高めの設定です。

京王レールランド左側にある多摩動物園の提携駐車場

京王レールランドのすぐ隣にあるのでとても便利な場所にあります。

料金は1日料金で前払いです。季節によって料金が多少変わります。

やはり、人気の夏休みやや土日祝日、特別日の料金はやはり高い料金になってしまいますね。

03/01~05/31・09/01~11/30の間

平日800/土日祝日及びGW期間中や春休み1600

06/01~08/31、12/01~02/28の間

平日800/土日祝日1200

山向駐車場

こちらの山向駐車場は、京王レールランドから5分程度歩くことになりますが、他の駐車場より料金が安いです!

平日最大800円/土日祝日1000

シーズン中や、頻繁期や特別な期間は、どうしても高くなりますが、他の駐車場に比べて最大料金が1000円と安く設定されています。

また駐車場の規模も大きいのでかなりの台数が停められますよ!

車で来場される方は上記の駐車場がおすすめです!

平日だったらどこもそこまで高くないですし、遊ぶ時間も2時間~3時間であればハグハグに停めてもいいかもしれないですね!

平日料金は2時間利用で400円、3時間利用で600円と安い設定です。

3時間も遊べばかなり満足し滞在になるのは間違いないです!

土日祝日の場合、多摩動物園もありますので、空いている駐車場に入れることになるかもしれません。

ポイントは2時間遊んでササっと帰るなるなら時間貸し、3時間以上たっぷり遊ぶならなら1日料金が決まっている駐車場にするのがいいですね!

私は子供3人連れていきましたが、2時間くらいの滞在時間でした。

空いていたこともあり、やりたいことはすぐにできたのでよかったです。

京王レールランドはモノレールで行こう!

私は多摩センターに車を置いて、多摩モノレールで京王レールランドに行きました!

京王レールランドは最寄の多摩動物園駅の目の前にありますので、駅からほぼ歩くこともないです!

電車好きのお子さんであれば、電車に乗ってお出かけも楽しいですよね!モノレールって、普通の電車とも違いますし、面白いです!

京王レールランドのおすすめポイント

・電車好きのお子さんはかなり満足できる施設です!

・料金はかなり安い!大人も300円で、時間制限もなし!

・電車のシミュレーションは大人でも面白い!

・施設で遊ぶ時間は長くても3時間くらい

京王レールランドはとにかく料金が安いので、お財布にも優しいです!

施設の中もとてもきれいでした!

京王レールランドの所要時間について

京王レールランドの所要時間は多く見ても半日です。

電車大好きのお子さんであれば1日エンジョイできそうですが、3時間ほどの滞在時間で満足してくれますよ。

まとめ

今回は京王レールランドの体験レポ!何歳まで遊べるのか混雑状況についてもご紹介させて頂きました。

まだ行ったことがない方は是非お子さんが小さいときから遊べる施設なので連れていってみてはいかがでしょうか!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次