関東のお出かけ

ひたち海浜公園の混雑状況や渋滞2022!GWやお盆リアルタイムで知る方法は?

青色の美しさを、まるで空と競うかのように咲き誇る可憐な花々。

ひたち海浜公園「ネモフィラの絶景」はメディアにも多く取り上げられ、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

今回は、ひたち海浜公園の混雑状況・渋滞2022について徹底解説です。

  • 混雑状況(GW、お盆、紅葉時期、土日祝など)
  • 周辺道路の渋滞について
  • 渋滞を回避する方法
  • ひたち海浜公園基本情報


人気の花の見頃時期は例年大渋滞と混雑になります。

事前に情報を収集して、なるべく楽にお出かけしたいですね。

ひたち海浜公園へ行かれる方は、ぜひ参考にしてください。

ひたち海浜公園の混雑状況2022

「花の公園」として知られるひたち海浜公園は、人気の花の開花時期に合わせて混雑します。

特に人気のあるのは、ネモフィラ(見頃4月中旬~5月上旬)と、コキア(7月~10月)です。

ひたち海浜公園大混雑期
  • ネモフィラが見頃のゴールデンウィーク期間
  • コキア(緑)が見頃のお盆期間
  • コキアライトアップ期間(8月下旬
  • コキアの紅葉時期とコスモスの見頃が重なる期間(10月中旬頃

バスツアーが集中する時間帯は特に混雑します。

特に混雑する時間帯

9時~14時頃

ひたち海浜公園GW2022の混雑状況

ゴールデンウィーク期間は530万本のネモフィラの見頃と重なり、大混雑です。

ひたち海浜公園のネモフィラは全国的にも知名度が高く、様々の地域からのバスツアーが組まれており、高速道路から周辺道路は大渋滞となります。

4月30日のGoogleマップ混雑状況を見るとこんな感じです。


渋滞を避けるには、早朝入園の対策が必要です。

2022年4月~5月初旬のフラワーカレンダー・混雑予想は公式サイトから確認できます。

ひたち海浜公園お盆の混雑状況

夏休みやお盆期間中は、平日を含め例年混雑しています。

緑コキアやヒマワリが見頃となる時期です。

遊園地やレジャー施設も併設されていますので、ご家族連れでにぎわいます。

特にお盆期間やライトアップされる8月末は、大混雑となります。

2019年コキアライトアップ
開催期間/8月23日~9月1日
時間/18時~21時30分
場所/みはらしの丘

こちらは2018年のライトアップです。きれいですね。

※2020年、2021年のライトアップは中止となりました。

ひたち海浜公園土日祝の混雑状況

春休み、夏休み、10月のコキア紅葉時期の土日祝は混雑します。

冬休み期間はクリスマスイルミネーションで混雑が予想されます。

混雑を回避するのであれば、この時期を避けていかれるのがよいですね。

年に数回ある無料入園日も混雑しますので、チェックしておきましょう。
(入園無料は魅力的ですが、混雑が嫌な方はさけたほうがよいでしょう。)

2022年度無料入園日

5/159/19(65歳以上のみ)、10/110/8

ひたち海浜公園の平日は空いている

ひたち海浜公園へ行かれるのでしたら、平日がおすすめです。

ネモフィラ開花期、夏休みやコキアの紅葉時期は平日でも混雑しますが、土日祝に比べれば人出が少ないのでねらい目です。

ひたち海浜公園の混雑状況をリアルタイムで知る方法

ひたち海浜公園はgwやお盆を始め、大型連休中はかなり混雑しますよね。

そんなときにどれくらい混雑しているのか分かれば、今日行くべきなのか判断ができると思います。

リアルタイムで混雑状況を把握するにはGoogleマップの混雑ライブグラフがおすすめです。

あくまでも目安となりますが、気持ちの準備はできますよね。

ひたち海浜公園のGoogleマップ

また、ひたち海浜公園の駐車場混雑状況を見れば、現在どれくらい混雑しているのかこちらもだいたい予想ができます。

2022年4月30日の場合

10時時点で、臨時以外の駐車場が全て満車となりました。

やはり9前に到着はマストですね。

ひたち海浜公園の渋滞情報2022

繁忙期は高速道路も含め、周辺の道路は大渋滞します。

高速から駐車場に入るまで3時間待ちというのもよくあるケースです。

また、帰りの渋滞もすさまじく、閉園時間が近づくと出庫のための行列ができ、高速にのるまでに1時間以上かかることも。

高速道路も渋滞します。

余裕をもって退園するようにしましょう

ひたち海浜公園GWの渋滞がすごい

ネモフィラの見頃時期のゴールデンウィークは大混雑必至です。

高速道路も含め、周辺道路は大渋滞となります。

友部JCTから渋滞してました(4/30・7時前)

入庫待ちで2時間以上かかりました

18時、ひたち海浜公園から石岡まで渋滞40㎞(5/5)

混雑を回避するための方法渋滞を回避する方法には

渋滞を回避する方法には

  1. 早朝に入園
  2. 迂回ルートの利用
  3. 公共交通機関の利用

などがあります。

具体的に解説していきますね!

早朝に入園

混雑時期に渋滞を回避するためには、渋滞する前に駐車場に入ってしまう以外ありません

早起きして、開園と同時に入園できるよう計画をたてましょう。

ゴールデンウィーク期間は7時開園となります。

もう一度いいますが、朝の7時開園です。

これが意味するものは、それだけ混雑するということ。

可能であれば開園の1時間前くらいには到着しておきたいです。

朝イチで入園すると、人がいない写真を撮影することができるよ!

「みはらしの丘」めがけてダッシュする人がいっぱい。転ばないように気を付けて!


お帰りも出庫時、周辺道路、高速道路が渋滞しますので、なるべく早く退園しましょう。

午前中に退園するのが理想です。

迂回ルートの利用

  • 常磐自動車道の方は「日立南太田IC」・「東海スマートIC」を利用しましょう。
  • 北関東自動車道の方は「常陸那珂港IC」を利用し、西駐車場をめざして迂回しましょう。

「ひたちなかIC」「ひたち海浜公園IC」は、インターを降りてから駐車場までの距離は近いですが、例年大渋滞となっていますので避けたほうがよいです。

https://twitter.com/suzukin96sary/status/1520192545099112449
参考:国営ひたち海浜公園公式サイト「混雑時迂回ルート利用のお願い」

早朝の5時くらいに到着予定であれば、「ひたちなかIC」「ひたち海浜公園IC」でも大丈夫です。

それ以降の時間帯は要注意

公共交通機関の利用

  • JR「勝田」駅からの臨時直行バスや路線バス
  • ひたちなか海浜鉄道湊線「阿字ヶ浦」駅からの臨時無料シャトルバス

の利用も検討しましょう。

渋滞することなく到着することができます。

また国営ひたち海浜公園入園券付フリー切符は、チケット購入のために並ばずに入園できるのでおすすめです。

詳細は後述します。

ひたち海浜公園の基本情報

ひたち海浜公園」は茨城県ひたちなか市にある国営公園です。

平成3年の開園以来、常に新しい試みで花の絶景をつくり出してきました。

SNSの拡大などの影響もあり、世界中から注目される観光スポットとなっています。

また、多彩なアトラクションのある遊園地スポーツ施設バーベキュー広場レストランなどの施設も揃っていて一年中賑わっています。

ひたち海浜公園のネモフィラについても解説

ひたち海浜公園の基本情報をお伝えします。

ひたち海浜公園で楽しめる花
  • ネモフィラ(4月中旬~5月上旬)
  • チューリップ(4月中旬~下旬)
  • ナノハナ(4月中旬~下旬)
  • コキア(7月中旬~10月下旬)
  • ヒマワリ(8月中旬)
  • コスモス(10月上旬~中旬)
  • バラ(5月中旬~6月上旬、10月下旬~11月上旬)  など

花情報はひたち海浜公園公式サイトからご確認できます。

リアルタイムで開花状況を知りたい方は国営ひたち海浜公園【公式】Twitterのフォローがおすすめです。

ひたち海浜公園利用情報

開園日、開園時間は季節により異なります。

公式サイト開園日カレンダーからご確認ください。

ひたち海浜公園入園料

大人(高校生以上)/450円
シルバー(65歳以上)/210円
中学生以下は無料です。

ネモフィラ・コキアの見頃時期
参加料/250円が別途必要
春季:4月16日(土)~5月5日(木・祝)
秋季:10月中旬の10日間程度
(期間は、花の生育状況等により決定します)

無料入園日(駐車場料金等は別途必要)
5月15日(日)
9月19日(月・祝)(65歳以上の方のみ)
10月1日(土)
10月8日(土)

年間パスポートもあります。

利用案内の詳細は、ひたち海浜公園公式サイトからご確認ください。

ひたち海浜公園駐車場情報

ひたち海浜公園には

  • 西駐車場(約2,000台)
  • 南駐車場(約2,000台)
  • 海浜口駐車場(約350台)

の3カ所の駐車場があります。

参考:国営ひたち海浜公園公式サイト「ひたち海浜公園駐車場マップ」


混雑時には、臨時駐車場も設置されます

駐車場空き情報はひたち海浜公園駐車場【公式】Twitterで確認できます。


園内は広いので、目的に合わせて駐車場を選ぶとよいですね。

海浜公園駐車場」は4月16日~5月8日の期間、観光バスが優先となります。

ひたち海浜公園駐車場情報

駐車料金/1日
普通車 520円
二輪車 260円
年間パスポート提示による割引もあります。

駐車料金についての詳細は公式サイトよりご確認ください。

電車でのアクセス

早朝車で行かれる方以外は、公共交通機関が断然おすすめです。

「ひたち海浜公園入園券付きフリー切符」を利用することで、券売機で並ばずにスムーズに入園できます。

参考:国営ひたち海浜公園公式サイト「電車・バスでのアクセス」
JR勝田駅から

・路線バスで「海浜公園西口」まで15分、または「海浜公園南口」まで20分

ネモフィラ開花期は「海浜公園西口」まで臨時直行バスを運行
運行期間/4月9日5月8日

勝田駅〜海浜公園1日フリーきっぷ」もあります。

臨時バスの詳細は茨城交通公式サイトからご確認ください。

「阿字ヶ浦」駅へは、「勝田」駅で乗り換えて湊線約28分です。

ひたちなか海浜鉄道「阿字ヶ浦」駅から

・「スマイルあおぞらバス那珂湊コース 」で「海浜公園西口」下車約10分

・「海浜公園南口」まで徒歩約20分

ネモフィラ開花期は、無料バスネモフィラシャトルバスを運行
無料シャトルバス 阿字ヶ浦駅から海浜公園「海浜口」まで約9分

(「海浜口」はネモフィラの咲く「みはらしの丘」に最も近い入口になります。)

運行期間/4月9日5月8日

※「海浜公園入園券付湊線1日フリー切符」もあります。

フリー切符、無料シャトルバスの詳細はひたち海浜鉄道公式サイトからご確認ください。

湊線沿線には「那珂湊おさかな市場」、「アクアワールド大洗水族館」などの観光スポットもあるよ!

車でのアクセス

車で行かれる方は以下のアクセスとなります。

ひたち海浜公園車アクセス

東京・宇都宮方面から
北関東自動車道~常陸那珂有料道路
ひたち海浜公園IC すぐ

いわき・仙台方面から
常磐自動車道
日立南太田ICより約15km
東海スマートICより約13km(中型車・大型車・特大車は利用できません)

混雑時は上記以外の迂回ルートが推奨されています。

迂回ルートの詳細は公式サイトからご確認ください。

まとめ

今回は、ひたち海浜公園の混雑状況をリサーチしました。

  • ゴールデンウィークお盆期間やコキアライトアップの8月下旬、コキアの紅葉時期の10月は大混雑が予想されます。
  • 無料入園日は混雑しますのでチェックしておきましょう。
  • 混雑時期は、高速道路をおりる前もおりてからも大渋滞です。
  • 帰りも同様に大渋滞します。
  • 渋滞を避けるためには早朝開園と同時に入園するのがおすすめです。
  • 混雑時期は「ひたちなかIC」「ひたち海浜公園IC」の利用は避け、迂回ルートを検討しましょう。
  • 早朝に行けない場合は、公共交通機関の利用がだんぜんおすすめです。
  • 「海浜公園入園券付き1日フリー切符」や「年間パスポート」を利用することで、券売機に並ばず入園できます。


ひたち海浜公園「花の絶景」をどうぞお楽しみください。