公園紹介
名勝 楽山園全景

公園名

楽山園

(らくさんえん)
公園住所 群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡648-2
備考

名勝 楽山園概要

群馬県甘楽郡甘楽町にある名勝 楽山園(らくさんえん)は群馬県内唯一の大名庭園で、国指定の名勝となっています。
江戸時代の初期に織田信長の次男である織田信雄によって造られた小幡藩邸の庭園で、観賞用の庭石(景石)が整然と置かれた昆明池を中心に、熊倉山や紅葉山を庭園内の風景として取り込んだ池泉回遊式の借景庭園で、その心が落ち着く庭園と山々の広がる空間は、江戸時代から変わらず、歴史の伊吹と昔の人々の優雅さに心惹かれてきます。
庭園美の極みとも言われた、楽山園は、昆明池の周りに『中島』や『築山』と築き起伏のある造り出し、より借景とのバランスが素晴らしいところです。

また、全国的にも珍しい五角形の形状をしている『腰掛茶屋』や『梅の茶屋』など複数の茶屋が用意されていて、それぞれの茶屋から違う庭園美を見せてくれます。
様々な樹木が植えられていますので、四季折々に情景が移り変わっていきますので、季節毎に訪れてみることをオススメしたい場所です。

最寄りの駅からは、上信電鉄線の上州福島駅から上信ハイヤーに乗って、「城町」から徒歩約10分、「物産センター」から徒歩約15分のところです。
駐車場は、臨時駐車場を含め周辺に3箇所、約110台分用意されています。また600mほど離れた道の駅『甘楽』に停めても便利です。

御殿跡 甘楽町ふるさと伝習館 拾九間長屋
御殿跡 甘楽町ふるさと伝習館 拾九間長屋
番所 中門 井戸(銀明水)
番所 中門 井戸(銀明水)
大名庭園 御殿跡 腰掛茶屋
大名庭園 御殿跡 腰掛茶屋
健康遊具(背筋伸ばし) 庭園美が楽しめる園内 健康遊具(腹筋・背筋)
梅の茶屋&腰掛茶屋 庭園美が楽しめる園内の景観 昆明池
和室からの眺め 拾九間長屋の多目的室 園内整備案内
和室からの眺め 拾九間長屋の多目的室 園内整備案内
お問い合わせ先